親子

赤ちゃんの便秘には負担がかからない方法で対処してあげる

異変の原因と対処法

赤ちゃん

引き起こる症状

赤ちゃんの便秘は、おとなと同じく引き起こると「食欲がなくなる」、「ふきでものが出る」といった症状が出てくるため、安易に考えるのは危険です。赤ちゃんが便秘になる原因は様々で、主に月齢でその原因は変化します。月齢によって赤ちゃんに有効な対策は違うので、便秘で苦しんでいる赤ちゃんに合った対処法を把握し、対処しなければなりません。3日以上排便がない、ご飯を食べてもすぐにもどしてしまう、ご飯を食べない、大声で泣いて機嫌が悪いといった状況が数日間続く場合は便秘の可能性が高いため注意が必要です。また、食事をあまり食べていないのにも関わらずお腹が張っているという状況の場合には、便秘だけでなく腸の病気の可能性もあるので医者の診察を受けるのが望ましいでしょう。

月齢別の対処法

生まれたばかりの赤ちゃん(生後およそ5カ月以内)の赤ちゃんに起こる便秘の原因の多くには、腸が急激に発達することが挙げられます。また、ミルクを与える回数の変化によって、ミルクの消化に時間がかかり便秘になることがあります。この時期には、お腹や足、おしりのマッサージをして便秘解消をすることが有効です。生後8カ月ごろの赤ちゃんの便秘の原因には、水分の不足が挙げられます。離乳食により食事に変化が起こり始めると、腸が変化することによって排便のペースが落ちます。この時期は便秘が起こりやすい時期なので、3日に1度くらいのペースでスムーズに排便ができているかどうかチェックすることが望ましいでしょう。水分補給による対策も有効です。