親子

赤ちゃんの便秘には負担がかからない方法で対処してあげる

新米ママの悩みです

おむつ

過剰に心配しないこと

多くの赤ちゃんが便秘に悩まされます。特に初産の場合には赤ちゃんが便秘になるととても心配になるものです。しかし、動き出す前の赤ちゃんは運動量が足りない場合もあり便秘になりやすいのです。また、離乳食を開始したばかりの時には、腸がまだ離乳食に慣れていなく便秘に傾きやすい傾向です。たとえ数日でなくても機嫌がよく元気な場合には過剰な心配の必要なないのです。しかし、苦しそうな場合や痛がる場合にはかかりつけの小児科医に相談してみることをおすすめします。また、力むときにつらそうなときなどは、離乳食を工夫したり、水分量を増やすなどの対応も必要になります。赤ちゃんの機嫌や様子をよくみて判断することが便秘がちな赤ちゃんにとっては大切なのです。

食事と運動の見直し

赤ちゃんの便秘は母親にとってとても心配なことです。このため、できる対策はいろいろ試してみましょう。まだ動き出す前の赤ちゃんであれば、おなかをさすったり足の上げ下げなどを定期的にしてあげることで蠕動運動を促すことができます。少し動き始めたころには、興味を引いて運動を促す工夫をするとよいでしょう。また、リンゴやオレンジなどの果汁を薄めてあげることで、排便を促すことも可能です。離乳食がある程度進んだら、果物や果汁などを少し多めにとらせたり、ヨーグルトなどを取り入れてもよいでしょう。まずは自宅でできる運動や食事の改善がおすすめです。それでも改善しない場合で機嫌が悪い場合にはかかりつけの医師に相談してみることが大切です。