親子

赤ちゃんの便秘には負担がかからない方法で対処してあげる

症状と対策

眠る赤ん坊

症状とその特徴

赤ちゃんを育てる上での悩みの1つとしてあるのが、便秘である。赤ちゃんでは、月齢によりその症状が異なるということがある。新生児や月齢が浅い時期では、腸の発達の状況や授乳の回数が変化していくことで、排便の状況も大きく変わっていくということがある。これらの時期においては、泣き続けることが無いということやミルクを決まって飲むなど元気な状態であれば、数日排便が無い場合でも問題ないケースがほとんどとなっている。離乳食が始まった時期では、ミルクの量が減り、代わりに食事を取り始めるため、水分量が大きく低下し排便の回数も減っていくという特徴がある。これらの時期では、3日に1度程度の排便があることで問題ないとされることが多い。

月齢による対策

赤ちゃんの便秘を解消するための方法として、お腹やおしりのマッサージが有効的と言われている。しっかりとマッサージを行うことで、腸の動きなどが活発化し、それにより便秘解消につながる場合がある。また、離乳食時期においては、水分量を増やしてあげることも効果がある。赤ちゃんでは、ミルクを飲む時期から離乳食に移行する時期にかけて、水分量が低下し、それにより便秘に陥るケースが多くなっている。その為、離乳食の時期では、便秘になるケースが増えるため、意識的に水分を多めにあげることで、便秘解消につながることがある。赤ちゃんでは、月齢により状況が大きく変わっていくため、月齢に合わせた対策を行うことが必要となってくる。